自己破産の際に抱えている負債に関して保証する人が存在する場合は、きちんと話をしておいたほうがよいでしょう。さらに、改めてお話ししますが負債に保証人を立てているときは、破産手続きの前段階でよくよく検討しておかなければなりません。あなた自身が破産申告をして免除されると保証人がその債務を全部かぶる義務が生じるからです。やはり、破産申告の前段階に保証人である人にそれらの経緯や今の状態を説明してお詫びの一つもなければいけないでしょう。そういったことはあなたの保証人の立場からすると当然のことです。自己破産をするためにとたんに返済義務が生じることになるのですから。それからの保証する立場の人の選ぶ道は以下の4つです。1点目ですが保証人となる人が「すべて払う」という手段です。保証人自身がすぐにでも何百万円もの簡単に返済できるほどのような現金をたくわえていればこの方法ができるでしょう。ただむしろ、あなたが自己破産せずに保証人である人にお金を貸してもらってあなた自身はあなたの保証人に定期的に返済をしていくという方法も取れると思います。保証してくれる人が関係が良い場合はいくらかは弁済期間を長くしてもらうこともありえます。いっぽう一括で返済できないとしても貸方も相談すれば分割払いに応じるかもしれません。あなたの保証人に破産申告をされるとお金がまったく返金されないリスクがあるからです。保証してくれる人がそのカネを代わりに払う財力がなければ、借金しているあなたとまた同じくどれかの負債の整理を選択が必要になります。2つめが「任意整理をする」ことです。この方法は貸金業者と話し合いを持つことによって、5年ほどのあいだで弁済する形になります。依頼する際の相場は債権1件につき4万。もし7社からの契約があるならだいたい28万円いります。むろん債権者側との交渉は自分でチャレンジすることも不可能ではないかもしれませんが法律の知識がない素人の場合相手側が確実に有利な案を出してくるので慎重である必要があります。それに、任意整理で処理するとしたとしてもあなたの保証人に借金を負担してもらうわけなのであなたもちょっとずつでもその保証人に返済をしていく義務があるでしょう。次は保証人である人も返せなくなった人と同様に「破産手続きをする」という方法です。保証人となる人も債権者と同じように自己破産を申し立てれば、保証人である人の借金も返さなくて良いことになります。しかしながら、あなたの保証人がマンション等を登記しているならばそういった財産を失いますし、司法書士等の仕事をしている場合は影響があります。そういった場合は、個人再生を利用できます。最後の4つめの選択肢は、「個人再生という制度を使う」方法についてです。マンション等の不動産を手元に残しつつ債務整理をしていく場合や、自己破産手続きでは資格制限がある職に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生による整理です。この方法なら自分の家は処分しなくてもよいですし、自己破産のような職種にかかる制限資格に影響を与える制限がありません。