民事再生という選択はマンション等のローンを含めて多重債務の問題に苦しめられている債務者をターゲットとして住居を維持しつつ金銭的にやり直すための法的機関を通した謝金の整理の処理方法として2000年11月に適用された選択肢です。民事再生は、破産のように免責不許可事由がないので競馬などで債務がふくらんだようなときでもこの方法はOKですし、破産手続きをすれば業務の停止になってしまうような立場で働いている方でも制度の利用が可能です。破産宣告では、住んでいる家を手放さないことは許されませんし、任意整理や特定調停などでも、元金は戻していくことが要求されますので、住宅ローンを含めて返していくのは多くの場合は簡単なことではないでしょう。民事再生という処理を選択することができれば住宅のローンのほかの負債額は相当なカットすることも可能なため十分に住宅ローン等を支払いながらそれ以外の借り入れ分を払っていくようなこともできるということになります。いっぽうで、民事再生による解決は任意整理と特定調停等と異なりある部分だけの借り入れだけを除き処理をすることは無理ですし、破産申請においてのように返済義務そのものが帳消しになるということではありません。くわえて、他の解決手順と比較してもある程度こみいっていて時間が必要ですので、住宅ローンが残っていて住居を手放せない時など以外で破産宣告などのその他の方法がとれない場合だけの限定された手段と判断しておくのがいいでしょう。