自動車の買取金額を可能な限り上げるのに、、自動車を手放す時期、タイミングというものも関係があります。あなたの中古車をできるだけ損をすることなく乗り換えることを思いめぐらせれば、数点の注意する点がある訳です。中古車の買取査定の要点として重要視されるところに走行距離が挙げられます。少なからず走行距離イコール、その車の耐用年数とされる場合もありますのでその車の走行距離が長ければ長いほど、売却額査定には減点材料になります。走行距離が100キロと9万キロでは普通は査定対象車の売買相場は評価がことなります。走行距離はより短い方が自動車の買取額は高くなりますがあまり細かい線引きはなく一定の基準で査定が行われます。例えば普通車では年間1万キロを目安として10000kmを超えていると一般的に査定がマイナスとなります。軽自動車では年間走行距離が8000kmがまた年式が古い割に走っている距離がかなり少ないという場合でも、査定金額が高額になるとは限りません。通常は年式と走行距離に関しての買取査定の要点は乗っていた期間と比べて適正な走行距離になっているかというところです。自家用車も例外ではないですね。それから自動車の年式というのも、中古車買取査定の留意点です。きっちり分かっているんだというようなかたもたくさんいると思いますが、通常は年式については新しい方が買取査定では優位なのですが例外的にそのシリーズに希少価値がある車は、古い年式でも高額で査定されることもあります。それから、車検が挙げられます。周知の通り車検には費用が必要ですので車検までの残月数が大きいほど売却額は大きくなると勘違いすると思いますが現実に車検時期がいつであろうと中古車の見積額にはほとんど相関性がありません。外車、走り屋仕様車不動車、という感じの処分する車のタイプコンディションなども査定額に影響してきます。車検前は売却を考える時期としては望ましいということです。つまり、売却額を高額にするために、車検の後に査定してもらおうと考えるのは車検代が勿体無くほとんど意味を持たないということになります。その他に専門業者に中古車を買い取ってもらう時期としては2月と8月が有名です。と言いますのも車買取業者の決算が3月と9月というところが多くあるからです。ですから、1月に売るよりはあと少し待って2月に車の査定を専門業者にお願いして売るのも良い方法です。自らの都合もあると思いますので、ひとまとめにしてこうした機会に売却するというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるだけこういった時期に売りに出すのが良いと思います。