民事再生という手段は住宅のためのローンを含めて多重債務の問題に陥っている方々をターゲットにマンションを維持しつつ金銭的に再建するための法的機関を通した債務整理の選択肢として施行された制度です。民事再生は、破産宣告のように免責不許可となる要件はありませんので、賭博などで借金したのであっても民事再生手続きは取れますし、破産宣告により業務が不可能になってしまう業界で働いているような方でも手続きは検討可能です。破産の場合だと住んでいる家を手元に残すことは無理ですし特定調停等では元金そのものは戻していくことが必要ですので、住宅ローンもある一方で返していくことは現実として困難だと思われます。とはいえ、民事再生という方法を取ることができれば住宅ローン等以外の借入金は少なくない額を減ずることが可能ですので住宅ローン等を払いながら借り入れ分を返済し続けるようにできるということなのです。といっても、民事再生という方法は任意整理と特定調停といった処理と違って一定の借金だけを除き処理することは無理ですし破産宣告の際のように返済義務それ自体帳消しになるということでもありません。さらに、それ以外の方法と比べて若干めんどうで時間が必要ですのでマンション等のローンを組んでおり住んでいる家を手放したくないような状況以外において、自己破産等それ以外の整理ができない際の限定的な手段として考えていた方がいいでしょう。